2014年09月19日

バーベキューコンロ製作


こんばんは雷です。

今日は古くなって先日廃棄処分となったBBQコンロの2代目を製作しました!

まずはドラム缶を縦に輪切りにしますが、その前に大抵のドラム缶はオイルが入っていた物がほとんどですので中をきちんと確認してから作業をして下さいね!!

今回はガス切断では無く仕上がりが楽な様にグラインダーで切断しました。



いきなり真っ二つですが切断完了です。

外は錆びていても中はとても綺麗な銀色。

でもオイルとクーラントが混ざって毒々しい色の液体がおめみえしましたw

このまま使うとお肉がオイルフレーバーになってしまいますので灯油を浸けた雑巾で掃除後に熱処理をします。



空焚きです。

火の持ちが良い欅材を使って高温かつ長時間焼きます。

プレスの隙間に染み込んだオイルもこの作業で取り去れますのでご安心を!

外側の塗料が取れるまで熱をかけたら熱処理が完了です。

今後、空気穴を空けて足を溶接したら完了となります!

ライズではコンロを無料で貸し出ししておりますので是非ご利用下さいませ☆


  

Posted by ..  at 20:29Comments(0)