2010年06月02日

続 ベガ4




こんにちは雷です。

さて、昨日初対面したベガ4のレポです!
VFCは呼びづらいの勝手に命名です☆

まず外装はバレルにNATOの刻印が無いだけで良く出来てました。
ワム4を新品で購入してGPのメタルを組んでとかするなら断然リアルで安いと思います。
しいて言えばハンドガードのガタが少しあったくらいかな。
しかし、フレームのガタは一切有りません!カっチりとしております!
あとボルトの動きが多少渋かったのですり合わせは必要なようです。


ホップの調整方法はワム4と同じですがチャンバーはアウター付根にイモネジで固定されてるようでした。
試射したところホップを+にめいっぱい掛けても弾道も飛距離はいまいち.....
まだ油が邪魔しているのか、今後調整必要なポイントです。








写真分かりずらいですが、チャンバーには見慣れない窪みがあります!
ここはリアルに造りこまれてました☆さすがVFCですね!









そして今回発売が遅れた理由の刻印。本物を手にした事がないので(笑)
良く分かりませんがリアルなんでしょう。









そしてマガジン!手にするとあれ?っと思うほど軽いです。
ガワは電動用のプレスマグの中にタンクがインサートされている訳ですが
ワム4みたく一体式では無いので、冷えても手で暖められません。









ガスは下から入れます。ここは鉄板だけで刻印無し。











バルブの形状がワム4とは違うので互換性は無し。
ですがどちらにも挿入は出来ました。
ワム、ベガ、スワップして挿入しましたが、マグキャッチまではストレス無く入りました。









手持ちのCQB-R(ノーマル)にベガ4のボルトを入れたところ入りませんでした。
原因は。









ボルト長さが違うんですね。ベガの方が長い!イノカツと同じなのかも。
因みにボルトの重さはワムとさほど変わりませんでしたがボルトも互換性無し。
バファースプリングは柔らかいです。交換した方が良さそうなくらい。










左がベガ4です。ここら辺は他の方達がUPされているので割愛させていただきますが、
ベアリング付きのハンマーとファイアリングブロック付近は本家にもマネして頂きたいきがします。








総括
肝心のリコイルは気温低めでしたが全体的にはマイルドな印象でした。
気温が高い時に試射をしてないのでなんともいえませんが、
箱だしで弾ポロは一切起きなかったのと、すり合わせしないままで
もちゃんと撃てるので調整次第でかなり良いGBBM4になると思います。

レポは苦手なので参考になったか分かりませんがワム4好きな私の視点からの
感想です。

とりあえず私は刻印がVF(笑)じゃないHK416が出たら買ってみようかと思いました。
その頃にはマガジンやパーツも今より手に入り易くなっているでしょうしね。


















  


Posted by ..  at 14:27Comments(0)徒然