2017年12月20日

9ミリ拳銃



こんばんは雷です!

自衛隊の拳銃といえばP220!

9ミリ拳銃はタナカからGBBが発売されてますね!

本物はミネベアで国内ライセンス生産されていたはずですw

写真は珍しいタナカをベースにメタルスライドに換装済み!

スライドは昔にモスキートモールドから発売されていた物だったような記憶です。

アウターバレルもメタルですが失念しました。

もちろん桜のマークと9ミリ拳銃のレーザー刻印が施されていてフレームはHWベースなので発売されあモデル中では一番重いと思われます!

自衛隊マニアしか欲しがらないモデルですが作ろうにも、スライドが絶版なので困難になってしまっているんですね。

今はプライム辺りから発売されてるのかも知れませんが調べてないので分かりません。

そんな日本製の拳銃と言えば南部式、浜田式等色々ありますが、個人的に好きを書くならは26年式拳銃と南部乙式ですかね。

戦前は銀座の銃砲店のショーケースに日本製の拳銃と並んで1911や1910なんかも購入出来た話を聞くと当時は鬼畜米英では無かったんだなと思えますよね。

あっ戦争中は鬼畜米英ですよw








Posted by ..  at 19:18 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。